あなたの健康を願うサプリメントのオンラインショップ「ユウコジャパン」

EPAってなに?

EPA(エイコサペンタエン酸)とは

イワシやマグロなど背の青い魚の魚油に含まれるサラサラ成分です。

魚やアザラシを常食とするイヌイットの人たちが脂肪摂取量が多いのに生活習慣病が非常に少ないことから注目された栄養素です。
俗に「中性脂肪値が高い脂質異常症(高脂血症)などの予防や改善によい」、「アトピー、アレルギー等によい」などといわれています。

 

高度不飽和脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)の一種

EPAやDHAなど魚の脂は「不飽和脂肪酸」に分類され「常温でも液体」の固まらないサラサラした脂で、中性脂肪やコレステロールを減少させる機能が特長です。

EPAなどの脂肪酸の表組

(a)不飽和脂肪酸
EPAやDHAなど魚の脂は「不飽和脂肪酸」に分類され「常温でも液体」の固まらないサラサラした脂で、中性脂肪やコレステロールを減少させる機能が特長です。

 

(a-1)ω-3系脂肪酸(主にα-リノレン酸)
EPAは、この「ω-3系」α-リノレン酸からつくられる脂肪酸です。α-リノレン酸は、植物プランクトンに多く含まれます。したがって、これを餌として食べる魚介類はEPAを多く含むことになります。

 

(a-1)ω-6系脂肪酸(主にリノール酸)
リノール酸はコーンや大豆のような種子に多く含まれます。アメリカで血中コレステロールを下げる効果があると発表され、一躍脚光を浴びましたが、現在では、リノール酸の摂り過ぎは、肥満を招くばかりでなく、動脈硬化、アレルギー、善玉コレステロールの低下などを呼び起こすとされています。

 

(a-2)一価不飽和脂肪酸
オリーブ油に含まれるオレイン酸が代表的な成分で、動脈硬化・胸やけ・胃酸過多・胃潰瘍・便秘・老化等の予防になります。また、オレイン酸は体内で酸化されにくい特徴があり、植物油の中で最も消化・吸収がよいとされています。

 

(b)飽和脂肪酸
肉や乳製品などの動物性食品に多く含まれています。摂りすぎると中性脂肪や悪玉コレステロールを増やすもととなり、動脈硬化になる恐れがあります。常温では固形になっているのが特徴です。

 

ω-3系脂肪酸目標量 男性:2.2g以上 女性:1.8g以上

食品生100gあたりEPA含有量
サバ1.6g マイワシ1.2g ブリ0.9g サンマ0.9g


 

EPAを含む関連商品

 

海のEPA  マグロDHA      1032009

「海のEPA」   「マグロDHA」   「DHAいちょう葉エキス」

 

モナコリンEXG    結糖ヘルス    トレッターV

「モナコリンEXG」   「結糖ヘルス」    「トレッターV」

 

用途に合わせてお選びください。

EPAそのものが不足しているかな? と思われる方には、

海のEPAがオススメです。