あなたの健康を願うサプリメントのオンラインショップ「ユウコジャパン」

注目のビタミン 葉酸とビオチン

葉酸(ようさん)ってなに?

葉酸とは

水溶性のビタミンでほうれん草から初めて見つかったので葉酸という名称になりました。ビタミンMとも呼ばれる栄養素で、ビタミンB群に分類されます。妊娠中の女性に大切な栄養素として知られています。

葉酸の働き

赤血球の形成を助けます。最近、欧米及び日本の医学界で葉酸摂取は脳卒中、認知症などを予防すると話題になっていますが、尿酸の生成も抑制します。不足すると、めまいや疲労感を感じることがあります。

葉酸の1日の必要量

成人の男女は1日200μg(マイクログラム)です。妊娠の可能性がある女性は、通常の食事からの摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取するよう、厚生労働省から通知されました。

葉酸不足の主な原因

偏った食生活、不規則な生活習慣、緑黄色野菜や果物の摂取不足、過剰な飲酒や喫煙などです。

葉酸が多い食物

名前の通り緑黄色野菜に多い栄養素で、ほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、パセリに含まれています。また、枝豆・大豆など豆類、焼き海苔、レバーにも多く含まれます。

ビオチンってなに?

ビオチンとは

ビオチンは皮膚炎を予防することから発見されました。ビタミンHとも呼ばれる栄養素で、ビタミンB群に分類されます。水溶性のビタミンで吸収されやすいですが、尿中に排出されやすいです。健康なら主として腸内細菌により合成されます。

ビオチンの働き

エネルギー代謝を助けます。
1 皮膚のコラーゲン生成を助け、皮膚の再生に関与します。
2 糖の分解を促進することで、エネルギー産生に関与します。
3 皮膚に不要な物を除去し、炎症緩和に関与します。

ビオチン不足の主な原因

不規則な生活習慣、食生活の乱れ、ストレスの蓄積、お酒やコーヒーの過剰摂取、便秘・腸内環境の悪化、などです。

ビオチンを多く含む食品

牛レバー、大豆、牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、玄米、海産物、野菜類。
※生の卵白はビオチンの吸収を阻害します。

ビオチンの使用基準

「ビオチンは栄養機能食品以外の食品には使用してはならない」と定められており、栄養機能食品としての使用基準量は1日14〜500μg(マイクログラム)です。

ビオチンの機能表示と注意喚起表示

機能表示:「ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。」
注意喚起:「本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。」

 

ユウコジャパンが取り扱っている葉酸とビオチンの商品

葉酸&ほうれんそう カルニチンクロス 活き黒にんにく
ウルトラパワー100
活力補給(葉酸660μg)
カルニチンクロス
美容(葉酸400μg)
活き黒にんにく
健康維持(葉酸360μg)
発酵黒酢Q10 1032009 トレッターV
発酵黒酢Q10
健康維持(葉酸360μg)
DHAいちょう葉
生活習慣(葉酸330μg)
トレッターV
美容(葉酸111μg)
グルコサミンCO 570172 ヒアルロン酸
グルコサミンCO
運動不足(葉酸74μg)
ギャバ
癒し(葉酸含有)
ヒアルロン酸
美容(ビオチン30μg)
プラセンタ
プラセンタ
美容(ビオチン63μg)